せどり教室 基礎知識

せどりでつまづく人はここ!キャッシュフローを考えよう!

せどり キャッシュフロー 資金繰り
ども。電脳しょーたです。

せどりでつまづく人によく共通していることがあることに気づきました。

特にポイントせどりをしている人。

お金の流れを把握していない。儲かった気になっている。

そんな人が多い印象を受けました。

ですので今回はお金の動きであるキャッシュフローについて解説したいと思います(^^)/

クレジットカード仕入れをしている人は必見です!

キャッシュフローを理解してできるようになること

・お金の流れがわかるので、支払い時に困らない。

・本当に儲かっているかどうかわかる。

・計画性をもって事業に取り組める。

では解説していきます!!

キャッシュフローとは?

キャッシュフローという言葉を耳にしたことはあるけど、意味は知らない...

そんな人多いんじゃないですか?

キャッシュフローとは簡単に言うとお金の流れです。

商品を仕入れるとお金が減ります→商品が増えるとお金が入ってきます。

こんなこと誰だってわかります。

が、しかし!こんな簡単なことがかなり重要なことはこの記事を読んでいくうちにわかりますよ。

キャッシュフローの重要性

せどりなどの在庫を持つビジネスではしっかりキャッシュフローを追わなければいけません。

せどりの本質は「安く買って高く売る」と言いますが、そもそもこれは商売の本質です。

せどりで一番大事なのはお金が増える「流れ」を作ること。

それをつくるにはキャッシュフローの理解が必要不可欠。

その理由を解説しましょう。

商品1個だけ見た場合

まずせどらーに多いのが商品1個ずつで利益計算をしているということです。

2,000円で仕入れる→3,500円で売る→手数料引かれて3,000円の入金→1,000円儲かった

って流れですね。

これ自体は事実なんですが、見ているところが狭すぎます。

持っている現金で見てみてください。

在庫全体で見た場合

2,000円で仕入れて3,500円で売って3,000円の入金があるまで何も仕入れしなければ単純に1,000円増えますが、商品を1個しか仕入れないなんてことは無いですよね。

ってことは他にも1,000円の商品だったり5,000円の商品だったり8,000円の商品だったりを仕入れているわけです。

そうするとどうでしょう?

16,000円分仕入れてまだ入金が3,000円しかないので現金が-13,000円であることがわかります。

そしてずっと仕入れはするし、販売もしますよね。

これをわかっていないといつまでたってもお金は増えません。

キャッシュフローを踏まえた上での計画の立て方

1か月で仕入れた金額より1か月で入金された金額が多ければ現金は増えますよね。

逆に1か月で仕入れた金額より1か月で入金された金額が少なければ現金が増えず、在庫資産が増えていきます。

どうするかというと、仕入金額を固定すること・仕入れる段階で販売期間を定めて売り切ることです。

入ってくるお金と出ていくお金を一定にして、入ってくるお金の方が多ければ現金は増えますよね♪

もうひとつ忘れては行けないのがクレジットカードで仕入れをする場合は、仕入れ➡販売➡入金の流れで間に合わない場合があります。

その分を耐える現金は用意しておきましょう。

売れ残り用の現金は初めの支払いの時のみ必要で毎月必要なわけではないです。

なので計画を立てる時は、

1.毎月いくら仕入れるか決める

2.販売期間を設定する

3.1.2を踏まえて月の入金額を算出する

4.1周分足りない分の現金を用意する

を意識して、粗くてもいいのでしっかり計画性をもって事業に取り組みましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

無計画に仕入れ・販売を繰り返していた方も多いかと思います。

そのような人に限ってお金は増えてません。

今からでも遅くはないので、しっかり計画を立ててそれに合うようにトライ&エラーを行っていくことが大事です。

では、継続してコツコツ積み上げていきましょう!

-せどり教室, 基礎知識

© 2020 電脳しょーたのせどり物販ブログ